ご利用案内

就業・生活相談室しんさっぽろは ・・

・「働きたい」「働いている」障がいのある方、また障がいのある方を「雇用したい」「雇用している」事業主の方双方を結び付け、より良い関係作りをお手伝いします。  

・就職、雇用、職場定着へ向けた相談支援を行ないます。

・札幌市から障害者就業・生活相談支援事業の業務委託を受け、実施母体である社会福祉法人札幌報恩会が運営しています。

 ※仕事の紹介・あっせんはしていません。

 

<働きたい皆様へ>

○ 相談室しんさっぽろでは「働きたい」「働いていて困っている」という方の相談をお受けしています。

  障がいの種別、年齢、性別、希望等、個々の状況に合わせた支援を心掛けています。

ずっと一人で悩んでいてはいけません

 ・相談支援

  就労について、またはそれに関係する生活上のご相談をお受けしております。そこで方向性を確認し、目標に向けてのさまざまな支援が始まっていきます。

職場での実習は大切です

 ・求職活動

  あなたに合った職場をハローワークや北海道障害者職業センター、就労移行支援事業所と協力して一緒に探していきます。 また、必要に応じて面接の同行等を行っていきます。その他、困ったことがあれば、問題の解決に向けて一緒に考えます。

心配ごとは一緒に考えます

 ・職場定着支援

  職場内で困っていることや悩みごと、心配していることについて一緒に考えていきます。必要な時には職場訪問などをさせて頂き、できるだけ早い段階での対応をしていきます。

<事業主の皆様へ>

障がいのある方を「雇用したい」「雇用しているが困っていることがある」という事業主様は多いのではないでしょうか。

 ・相談室しんさっぽろでは障がいのある方の雇用に関する相談や情報提供を行い、不安や心配を抱える事業主様をサポートします。

継続支援が重要です

 ・仕事面での指示の出し方、雇用を継続するための配慮事項などを提案させていただき、職場内の良好な人間関係の構築をお手伝いします。

 ・障がいのある方が長く働き続けられるように事業主様、障がいのある方双方のご相談をお受けします。

職場体験実習の受け入れのお願い

  相談室しんさっぽろでは、障がいのある方が就職する前に実際の職場環境を体験する機会はご本人にとってとても貴重だと考えています。

  雇用する側、される側双方にとってお互いを知る良い機会になると思いますので、ぜひ職場実習受け入れをご検討よろしくお願いします。

 

お気軽にご相談ください。